持続可能な社会を目指して、テクノロジーとコミュニティを結びつけること

  • JA
  • EN
  • 日本のプラスチック消費量は世界で2番目に多い。日本のプラスチック・フットプリントは、私たちが思っている以上に大きいのだ。「もったいない」という言葉が日本語のみならず、英語にも浸透しているように、この現状は日本人にとって決して誇れるものではない。ルイス・ロビン・敬氏がどのようにして、変革を起こそうとしているのかを紹介する。